薄毛の本

人は悩み事が出来ると、本を読む習慣があります。私も、その一人です。知り合いの若い女の子が、仕事上のストレスが原因で、円形脱毛症になったのですが、その原因、理由、改善方法などについて、相談を受けたのですが、私自身に経験がなかったものですから、図書館に向かい、色々と調べてみたのです。図書館に行き、驚いた事は、女性薄毛に関する書籍の数です。
男性薄毛に関する書籍よりも、遥かに多いのです。中には、図鑑式になっており、写真で薄毛の症状、経過、結果が掲載されておりました。薄毛が進行すると、もちろん、全ての髪は抜け落ちてしまい、生まれた赤ちゃんのような髪型になってしまうのです。現実的な書籍も探しながら、何とか、明るく解決できる書籍はないものかと、パソコンで検索もしながら、探してみました。私が、その書籍を見て、良いと感じた書籍を紹介します。主婦の友社「髪の悩みがみるみる解決する100のコツ」です。
この書籍は、ありとあらゆる髪の悩みが掲載されており、読みやすい1冊だと思います。岡嶋研二さん著「薄毛の食卓・5ヶ月で64.5%の人が発毛した食事法」です。この書籍は、必読書だと思います。薄毛には、やはり食事の改善が大事だと、読めば納得できる1冊ですね。石原結實著「女性は体を乾燥させてはいけない」です。水分不足、保湿不足は、カラダ全体に悪い影響を及ぼすと書かれております。これら以外には、「女性の薄毛・抜毛、お悩み解消BOOK・女性頭髪専門医が教える本当のヘアケア」、「医師による切らない薄毛・抜毛・円形脱毛症最新治療」などがありました。
この他には、健康に関する雑誌の特集で、最近増えてる女性薄毛の対処法、髪のダメージを残さない事が薄毛予防に繋がる、育毛シャンプーの選び方などの特集が多数組まれておりましたが、それらの雑誌は、貸し出し中となっており、詳しい内容を確認する事は出来ませんでした。知り合いの女の子のように、ストレスでの円形脱毛症は、疲れを残さないように睡眠を多く取り、栄養ある食事を心がけ、育毛剤を使用すれば、3ヶ月から半年、長ければ、1年ほどで治ると書かれてありました。人間のカラダは、栄養が足りないと、ちゃんと髪の毛にまで栄養が行き届かないので、きちんと3食を摂り、よく噛んで食べる。一日最低6時間以上の睡眠を取る。些細な事ですが、毎日は、この繰り返しですので、その都度、その都度の食事を大事にする事が、薄毛の予防、対策になるようですね。