薄毛の原因

髪が薄くなる原因について調べてみました。女性薄毛の原因の一つに、頭皮の湿疹による抜け毛があるそうです。その他、シャンプーが合わないために出来るフケによる悪玉菌の繁殖を始め、シャンプー、リンス、トリートメントなどのヘアケア商品による頭皮のトラブル、一番多い原因とされるホルモンバランスの崩れがあるそうです。ホルモンバランスの崩れには、出産後のホルモンバランス、更年期障害によるホルモンバランスの崩れも含まれております。
それから、女性薄毛の原因として、最近よく言われているのが、「びまん性脱毛症」があります。この「びまん性脱毛症」の特徴は、中年女性に多く見られ、髪全体が均等に抜け落ちて、全体に薄毛になるのだそうです。「びまん性脱毛症」の原因は、加齢による老化、間違ったヘアケア、または強いストレス、ダイエットが挙げられます。全体に抜け始めたら、この脱毛症の疑いありですので、早めに皮膚科、頭髪専門クリニックなどへ診察に行かれる事をオススメします。それと、「分娩後脱毛症」という抜け毛に悩まされる女性も増えております。その字のごとく、出産後になる女性薄毛の一つです。
妊娠中は、お腹の赤ちゃんに栄養を取られてしまって、エストロゲンが減少し、ホルモンのバランスが崩れるために抜け毛の症状が出るのです。産後、出産の疲れもあり、一気に抜け毛が増える方もいらっしゃるので、妊娠初期から十分に栄養を摂取するなどの、注意が必要です。妊娠中などに、シャンプー時の抜け毛が気になり始めた方は、早めに育毛剤などを購入し、髪に栄養を与える事も、改善策になります。今、多種多様な育毛剤が販売されておりますが、その販売会社ごとに個性のある商品が、店頭、インターネットの中に並んでおりますので、気に入った匂い、感触、使い心地のものを選んで、使ってみて下さいね。
女性薄毛の原因は様々ですので、酷くなる前に、早めに皮膚科、専門クリニックの診察を受け、適切な処置に従う事も、重要です。頭皮のトラブルは、素人目には判断付きかねる症状も多いのです。ですので、気になる方は、一度は、診察を受ける事がベストだと思いますが、お近くに、皮膚科、専門クリニックがない場合は、薬局、ドラッグストアへ出向き、相談される事も賢い選択だと思います。何事も早めの処置が大事なのですね。